コーポレートサイトへ

Harness Service Reliability Management

より優れた信頼性、より速いデプロイメント。デプロイのスピードと本番環境並みの信頼性の二者択一は必要ありません。

お問い合わせ
Continuous reliability improvement

信頼性の継続的な改善

パイプラインの適切な段階で適切なチェックを自動的に実行(シフトレフトリライアビリティー)し、信頼性の高いソフトウェアの迅速なデリバリーを実現できます。

SLO重視のパイプラインガバナンス

信頼性ガードレールにより、優秀な開発者が信頼性の高いソフトウェアを高速でデリバリーし続けられるようにするだけでなく、他の開発者や機密性の高いプロジェクトのためにガードレールを設置できます。

Joint SLO Management

共同SLO管理

開発チーム、デプロイチーム、信頼性チームが一緒にSLOを定義することで、全員がメリットを得ることができます。エラーバジェットをめぐる議論や、突然のデプロイ停止に悩まされることはもうありません。
実現されること:
  • パイプラインガバナンスコラボレーション
  • 組織全体の透明性
  • 速度と信頼性のバランス

あらゆるエラーの発見と修正を迅速に

ネイティブエラートラッキングにより、開発の全段階における全てのエラーを自動的に特定し、完全なデバッグの詳細を提供します。
実行エラーは二度と本番環境に持ち込まれないようになります。

Auto Error Tracking Feature Icon 1

実稼働前に全てのエラーを検出・修正

新しい例外や重要な実行時例外の発生範囲を限定します。

Auto Error Tracking Feature Icon 2

より高品質なソフトウェアのデプロイ

継続的な品質改善により、納品速度と信頼性が向上します。

Auto Error Tracking Feature Icon 3

速度と信頼性の両方を向上

信頼性チェックにより、チームは自信を持ってより速くデリバリーできるようになります。

Harness Service Reliability Managementを活用する理由

Why SRM Icon 2

パイプラインガバナンスの自動化

Harnessは、信頼性ガードレールと観測データを使用して、デプロイを続行すべきかどうかを判断します。

Why SRM Icon 2

継続的な信頼性向上

開発の全段階においてサービスの信頼性チェックを行い、デプロイ後の高い信頼性を実現します。

Why SRM Icon 3

ネイティブエラーの追跡

詳細なデバッグデータを使用して、あらゆるコード例外を迅速に特定および修正し、自信を持ってより速くデプロイできます。

Why SRM Icon 4

自動化されたSLOの追跡

SLOとエラーバジェットをスプレッドシートで手動追跡する必要はありません。Harnessが追跡し、グラフ化します。

Why SRM Icon 5

CI/CDとのインテグレーション

CI/CDパイプラインに信頼性ガードレールを組み込んで実施。速度と信頼性のバランスが実現されます。

Why SRM Icon 6

信頼性ビューの共有

信頼性とデプロイのステータスに関する継続的に更新されるインサイトが、全ての関連メンバーに提供されます。

Harness Service Reliability Managementの仕組み

Grid Card Illustration 1

モニタリングとオブザバビリティーの統合を設定

Harnessは、ソフトウェアの信頼性を判断するために、観測可能なデータにAI/MLを適用します。

Grid Card Illustration 2

SLI、SLO、およびエラーバジェットを共同で定義

開発と信頼性の関係を進化させ、両チームが調和して信頼性の高いソフトウェアをより速くデリバリーできるようになります。

Grid Card Illustration 3

パイプラインテンプレートへの信頼性ガードレールの追加

組織が信頼性機能を拡張するために必要な一貫性を提供します。

Grid Card Illustration 4

CI/CDパイプラインの信頼性チェック

チームが信頼性の高いソフトウェアをより速くデリバリーできるようにします。

Grid Card Illustration 5

信頼性の問題を迅速に修正

Harness Service Reliability Managementが提供する情報により、信頼性に影響を与えた問題を即座に把握し、迅速に修正できます。

Harnessに関するお問い合わせはお気軽にお寄せください。

お問い合わせ