コーポレートサイトへ

Harness Chaos Engineering

アプリケーションの耐障害性を向上させ、コストのかかるダウンタイムを削減。

コントロールされた「カオス」実験を行い、リアルワールドのストレスや障害がシステムにどのような影響を与えるかを理解できます。より信頼性の高いアプリケーションやインフラストラクチャーの構築が可能になります。

お問い合わせ

Harness Chaos Engineeringを活用する理由

障害のポイントに積極的に対処

障害のポイントに積極的に対処

Harness Chaos Engineeringは、高度に制御された実世界の障害シナリオでシステムがどのように動作するかを理解し、システムの信頼性を高め、ダウンタイムの回避を支援します。

障害のポイントに積極的に対処

CI/CDパイプラインの統合

システムの信頼性の維持およびダウンタイムによるコストの回避はチーム戦です。カオスはSREだけのものではありません。Harnessでは、開発、DevOps、SRE、その他ソフトウェア開発ライフサイクルに関わる全てのチームを巻き込み、信頼性の高いシステムを作り上げます。

障害のポイントに積極的に対処

最大規模のカオス実験ライブラリー

ポッド、ノード、ネットワーク、ストレス、クラウドサービス、アプリケーションのカオステストを網羅する、最大かつ最も多様なカオス実験セットを提供します。また、ユーザーは独自の実験を作成し、ChaosHubの公開カタログに投稿することができます。

障害のポイントに積極的に対処

完全な分離

オンプレミス、エアギャップインストールをサポートしているため、Harness Chaos Engineeringでは、脆弱性が第三者にさらされるリスクを回避できます。

障害のポイントに積極的に対処

エンタープライズおよびプライベートChaosHub

Harness Enterprise ChaosHubのカオス実験ライブラリーは、複数のクラウドプロバイダーやプラットフォームをカバーする「すぐに使える」実験の完全なカタログとして活用できます。UIを利用して、実験の管理、実行、スケジューリングを完全に制御し、チーム間のコラボレーションを容易にします。プライベートChaosHubカタログを作成し、自分自身の実験を保存したり、公開コミュニティーに貢献することができます。

障害のポイントに積極的に対処

観測可能なシステムとのインテグレーション

DynatraceやPrometheusといった主要な観測システムとのインテグレーションにより、Harness Chaos Engineeringは、ソフトウェア開発ライフサイクルに関わる全ての人がカオス実験の結果を確認し、それに応じて信頼性を向上させることができます。

Harness Chaos Engineeringのしくみ

card.title

ChaosHubからカオス実験を選択する

AWS、GCP、Azure、またはセルフホスティング環境にまたがるKubernetesと非Kubernetesのターゲットに対して、実験を選択します。

card.title

ターゲットシステム上で一連のカオス実験を実行する

実験では、お客様のシステムにかかる実世界のストレスをシミュレートします。

card.title

実験結果の観察

お客様のシステムのどこに脆弱性があるのか、実験により明らかにします。

card.title

信頼性向上のための学習

システムの信頼性を向上させ、ダウンタイムリスクを低減します。

Harnessに関するお問い合わせはお気軽にお寄せください。

お問い合わせ